歳を取るほどアディポネクチンを増やす取り組みをするメリットが増えます。

アディポネクチンについて解説するサイトのヘッダー画像

アディポネクチンの健康作用(抗癌作用)

健康的な家族イメージ

アディポネクチンには以下の健康作用があります。

 

  • 脂肪燃焼(ダイエット)
  • 血管を修復して健康的にする(動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞などの予防、血流改善による肌質改善)
  • 糖尿病の予防
  • 抗がん作用
  • ヒアルロン酸の分泌促進(しわの改善など)

 

アディポネクチンが健康作用を与える仕組み

アディポネクチンは、脂肪(アディポ)接着(ネクチン)するという名前の由来(和訳)があります。
血管の壁に接着して修復することで、幅広い健康作用を与える仕組みです。

 

食生活の乱れや運動不足など、生活習慣が乱れていると血流が悪くなります。
血流が悪くなると栄養の循環や代謝が悪くなって、肥満や病気を引き起こす原因になります。
アディポネクチンの血流にある含有量は血液検査で調べることができ、加齢とともに減少しやすいことが分かっています。
食材やサプリメントから分泌を促すと、若返り効果によって健康で太りにくい身体に変化を与えます。
予防を期待できる病気は加齢とともにリスクが高まる疾患が多く、歳を取るほどアディポネクチンを増やす取り組みをするメリットが増えます。

 

抗癌作用があるのは本当?

発癌(ガン)リスクは遺伝すると言われていますが、癌にかかりやすい家系の人はアディポネクチンの含有量が少ない共通点があることが分かっています。
また、最新の臨床実験ではマウスに移植で癌を発症させてアディポネクチンを注射したところ、がんの増殖が阻止され、 最大でがんの大きさが90%も減る結果が出ました。
癌発症者への治療はまだ臨床研究の段階ですが、普段からアディポネクチンの分泌を促す取り組みをすることによって、発癌リスクを軽減できる可能性が高いです。
臨床研究が進めば、アディポネクチン注射によって癌の治療が劇的に変化する可能性があります。

 

現時点では、アディポネクチンによって発症した癌の増殖を阻止して癌を小さくできるのはマウスを使った臨床実験だけの話です。
そのため、残念ながらサプリメントや食材からアディポネクチンを増やしても人体のがん細胞に影響を及ぼすのか否かについてははっきりとは解明されていません。

 

まだ全てが解明されていないが、あらゆるメリットがあるのは確実

アディポネクチンを研究する女性イメージ

アディポネクチンが注目されるようになったのは2013年頃からです。
まだ解明されていない部分も多いのですが、超善玉ホルモンで身体に良い影響を与え、副作用が少ないのは事実です。

 

医療機関や製薬会社は以下の作用が期待できるとして、新薬や新しい治療法の研究に積極的です。

 

  • 皮膚機能向上
  • 食欲調整作用
  • セラミド排出
  • インスリン抵抗性を改善
  • 血糖値を下げる

 

近い将来には、アディポネクチンの分泌を向上させる医薬品や、注射による医療行為が普及していくかもしれません。
医療の分野で実用化されているものは少ないですが、豆腐など特定の食材に分泌を高める働きがあることが分かっていて、食生活の改善やサプリメントによって、ダイエット生活習慣病を予防することができます。