豆腐はアディポネクチンを増やし、低カロリーでダイエット食材としても人気です。

アディポネクチンについて解説するサイトのヘッダー画像

大豆製品を使ったレシピ

アディポネクチンを増やすには大豆製品を食べるのがベストです。
しかし、大豆は飽きやすい特性を持ち、大豆全般を苦手にしたり、普段は好んで食べない方も多いと思います。
アディポネクチンを活用したダイエットや健康対策を行うには、大豆製品を使った料理の引き出しを増やすことが大切です。
大豆製品を使ったおすすめレシピをまとめました。

 

豆腐を使ったレシピ

アディポネクチンの分泌を促進させる豆腐料理「麻婆豆腐」

大豆製品の中でも豆腐はアディポネクチンを増やす働きが強く、もっともオススメできる食材です。
また、豆腐は低カロリーでダイエット食材としても人気です。

 

「麻婆豆腐」
豆腐を美味しく食べられる定番料理です。
辛い食べ物は美容効果の高いメリットもあります。
餡はレトルトを使って豆腐やネギ、挽肉などを混ぜるだけの簡単料理でもいいですし、豆板醤を買うなどしてイチから手作りする方法もあります。
ご飯や挽肉の量が多いと高カロリーになってしまうので注意しましょう。

 

「豆腐ハンバーグ」
豆腐の代替レシピの定番です。
木綿豆腐をサラダ油で軽く炒めて、お好みのソースで味付けします。
砂糖・醤油・みりんをそれぞれ1:1:1の割合で作るタレがオーソドックスな形です。

 

「豆腐野菜チャーハン」
豆腐と野菜、ご飯を炒めてチャーハンにするヘルシー料理です。
豆腐は熱が通りやすいので、先にご飯と野菜を炒めてから豆腐を投入しましょう。
豆腐は具ではなくご飯のかさ増しとして活用しましょう。
納豆を混ぜて豆腐納豆チャーハンにするのも大豆製品が豊富で良いですね。

 

「鶏挽肉と豆腐の唐揚げ」
ヘルシーな鶏挽肉に豆腐をかさ増しして、唐揚げ粉や片栗粉などで揚げます。
肉や揚げ物が好きだけどダイエットに取り組んでいる方におすすめです。

 

その他の大豆製品レシピ

アディポネクチンの分泌を促進させる大豆製品「納豆」

大豆製品は豆腐以外に納豆モヤシ煎り豆豆乳厚揚げなどがあります。
いずれも毎日食べると飽きやすい特性があるので料理の引き出しを増やすことが大切です。
大豆製品を使ったおすすめレシピをご覧ください。

 

「納豆のアレンジレシピ」
イカ納豆、キムチ納豆、オクラと山芋を混ぜた納豆をご飯にかけるネバネバ丼など、納豆に他の食材を混ぜるだけのレシピが多数あります。
納豆自体も、挽き割り納豆にするなど種類を変えると飽きずに毎日食べられます。

 

「厚揚げのケチャップ焼き」
厚揚げは豆腐と同様に肉の代替食材として活用できます。
厚揚げステーキなど幅広いレシピがありますが、人気が高いのは焼いた厚揚げにケチャップベースのソースをかけるケチャップ焼きです。
ケチャップの酸味が厚揚げと相性抜群なので、是非一度試してみてください。

 

「豆乳ポタージュ」
豆乳にコンソメと塩こしょうで味付けして煮込むと、ポタージュ風になります。
コーンやニンジンなど、お好みの食材を足して豆乳ポタージュを作りましょう。

 

「豆乳プリン」
100mlの豆乳とゼラチンを一度80度くらいまで熱します。その後は砂糖と500gの豆乳を追加して、漉しながら器に入れて冷蔵庫で冷やすと豆乳プリンができます。
デザートの代替レシピを探している方におすすめです。

 

最初は肉と併用するなど美味しく食べることを重視する

大豆製品を使ったレシピはダイエット向けのものが多いですが、いきなり豆腐だけに依存した超低カロリー料理にすると、物足りなくなってしまいます。
大豆製品を継続的にたくさん食べるだけでアディポネクチンが増えてダイエット効果を得られます。
カロリーを抑えるよりも、美味しく継続して大豆製品を食べ続けることが必要です。
最初は肉と豆腐や厚揚げを混ぜるなど、美味しくて満足度の高いレシピから始めると続けやすいです。