アディポネクチンは幅広い健康改善効果があり、大きな注目を集めています。

アディポネクチンについて解説するサイトのヘッダー画像

アディポネクチン分泌促進サプリメント

アディポネクチンを増やす食材では豆腐が有名です。
ほかにも、マグネシウム食物繊維が多い食材が分泌の促進に働きかけると言われています。
日本人には身近な食材が多く、欧米人に比べて肥満率が低いのは、アディポネクチンの影響があるとも言われています。

 

しかし、豆腐など定番の食材を子供の頃からよく食べているのに、肥満になったり血流が悪い人もいますし、大豆にアレルギーを持っていたり味が苦手な理由で食材から摂取するのが困難な方がいます。
そんな方におすすめなのが、アディポネクチン分泌促進サプリメントです。

 

アディポネクチン分泌促進サプリメントの効果

アディポネクチンの分泌を促進するサプリ「DSアディポ」の画像

商品によって配合成分が異なります。
一例として医師が監修して大ヒットを遂げている「DSアディポ」の配合成分をご覧ください。

 

  • 天然シークワーサーエキス(ノビレチン)
  • 大豆タンパク(ベータコングリシニン)
  • 亜麻仁油
  • セサミン

 

その他のサプリメントに配合されている成分には、ビール酵母米胚芽油クラチャイダム(黒ウコン)ゼラチングリセリン、ミツロウセルロースなどがあります。
ちなみに、普段の食事でアディポネクチンの分泌を増やす食材として最も注目度が高いのは豆腐です。
サプリメントでは、大豆タンパクによって豆腐に多く含まれているベータコングリシニンを補給し、さらに幅広い角度から分泌の向上にアプローチをする仕組みです。
つまり、豆腐などの大豆加工食品が苦手な人はもちろん、日常的に豆腐などをよく食べているのに太りやすいなど、ベータコングリシニンによる反応が薄い人がサプリメントを利用する価値があります。
アディポネクチンの分泌を促進するには複数のアプローチ方法があり、サプリメントなら複数の栄養素で分泌を促し、普段の食事では摂りにくい栄養でもアプローチできるメリットがあります。

 

参考記事:アディポネクチンを増やす食材

 

将来的には処方箋で使われる可能性も

将来、処方箋になる可能性のあるアディポネクチンの分泌を促進する錠剤のイメージ

アディポネクチンは幅広い健康改善効果があり、癌治療の分野でも大きな注目を集めています。
しかし、注目されるようになったのはここ数年の話で、多くの医療機関や製薬会社が研究を進めている段階です。
処方箋や医薬品で認められたものはなくても、臨床研究で身体に良い影響を与えるのは確実です。

 

将来的には処方箋などに応用される可能性もありますが、現時点ではアディポネクチンに特化した薬はないのでサプリメントか普段の食事でアプローチするしかありません。
人気の高い「DSアディポ」の場合はメディア出演実績が多数ある医師が監修し、1ヶ月飲み続ければ血液検査によってアディポネクチンの濃度が増えるデータを出しているので信頼性が高いです。
評判が良いアディポネクチン分泌促進サプリメントは1ヶ月分で1万円前後します。
それでも継続して飲み続ければ高確率で分泌量を増やして何かしらの体質改善を実感できます。
予算に余裕がない人は、まずは食生活の改善から始め、食生活の改善が難しい人や食事を変えても変化を実感できなかった人はサプリメントを試してみるとよいでしょう。