朝食には緑黄色野菜を効率的に摂取できる野菜スムージーがおすすめです。

アディポネクチンについて解説するサイトのヘッダー画像

緑黄色野菜を効率的に摂取するレシピ

緑黄色野菜にもアディポネクチンを増やす働きがあり、ビタミンカルシウムなど栄養が豊富です。
しかし、緑黄色野菜が苦手な方も多く、毎日継続して食べるのがストレスに感じる方もいます。
また、緑黄色野菜は調理法によって栄養の吸収効率が変わります。
ダイエットや食生活の改善に取り組む方に向けて、緑黄色野菜を効率的に摂取するレシピをまとめました。

 

まずは食材ごとの特性を理解する

緑黄色野菜は食材に応じて生で食べた方がいいものと、熱を加えた方がいいものがあります。
食材に応じて栄養の吸収効率が良くなる調理法を理解しておくと、自分だけのアレンジ料理をする際も効率的に摂取できるようになります。

 

「サラダに向いている野菜」
キャベツ、パセリ、水菜、カイワレ大根、レタス

 

「おろした方が良い野菜(消化酵素が豊富な野菜)」
大根、山芋、かぶなど、白系の根野菜

 

「蒸し料理に向いているもの(水溶性ビタミンで煮たり焼くと栄養が逃げやすい)」
ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、モロヘイヤ、ブロッコリー

 

「油料理と相性が良い野菜(脂溶性ビタミンが豊富な野菜)」
ニンジン、カボチャ、タマネギ

 

朝食に最適な野菜スムージー

緑黄色野菜を効率的に摂取できる「野菜スムージー」

緑黄色野菜を効率的に摂取するには、朝食でしっかり野菜を食べることが大切です。
朝食はその後に活動するため、栄養の吸収効率が良くなります。
ただし、忙しい朝に手の込んだ料理を作るのは負担になってしまいます。
野菜スムージーであれば、簡単調理に飲むだけで朝食を済ませることができ、緑黄色野菜の酵素も効率的に摂取できます。
人気の食材は小松菜やニンジンなど、本来は熱を加えた方が良い食材が多いのですが、朝に何も野菜を食べないよりかはスムージーで野菜を食べた方が効率的です。
市販の野菜ジュースでは、栄養補給ができても緑黄色野菜本来の健康効果が半減されてしまうので注意しましょう。

 

野菜たっぷりタンメン&ちゃんぽん

緑黄色野菜を美味しく食べれる料理「ちゃんぽん」

野菜と相性が良い麺類は緑黄色野菜を美味しく食べられます。
具をたっぷり入れて、煮込んでから出来上がった麺料理の上にかけるだけなので手軽です。
具の少ない麺だけ食べてもお腹に溜まらなくて物足りなくなってしまう方におすすめです。

 

ベジタブルカレー

緑黄色野菜を美味しく食べれる定番料理「ベジタブルカレー」

野菜をたっぷり入れて美味しく食べられる定番料理です。
肉を入れずにパプリカやほうれん草などをメインの具にすると良いでしょう。
苦手な食材でもカレーに混ぜてしまえばストレスなく食べられるものです。
野菜の比率が高いカレーは、熱を入れ直しても中の具材が腐敗しやすいので、長くても2日で食べきれる量にしましょう。

 

豆乳鍋

アディポネクチンを増やす効果が大きい大豆製品と緑黄色野菜を一緒に食べられる最強レシピ「豆乳鍋」

アディポネクチンを増やす効果が大きい大豆製品と緑黄色野菜を一緒に食べられる最強レシピです。
鍋はスープを作るのが大変で、市販品のつゆを買うとコスパが悪く、家族が多くないと消費するのが大変です。
豆乳鍋は、陶器の専用鍋ではなく普段の料理で使う小さい鍋で1~2人前を簡単に作れるメリットがあります。
出汁や味噌をと合わせてスープの味付けをしましょう。